Golden Blood(タイドラマ)のあらすじやキャストは?相関図やネタバレも!

タイドラマ『Golden Blood(ゴールデン・ブラッド)』は、マフィアボスの息子と、そのボディガードの間に芽生える愛を描いたラブコメディ。

大ヒットドラマ『ラブ・バイ・チャンス/Love By Chance』でクラノーを演じたガン・ナパットさんが主演を務めています!

画像元
https://twitter.com/

 

とても珍しい「黄金の血(Golden Blood)」を持つマフィアのボスの息子と、命をかけて彼を守るボディガード。そんな2人を巡る、ハラハラときゅんきゅんが詰まったラブストーリーです!

今回は、そんなドラマ『Golden Blood』のあらすじやキャスト、エピソード数、見どころなどを紹介します。

 

Golden Blood(ゴールデン・ブラッド)のあらすじは?

画像元
https://www.facebook.com/

 

孤児だったサンは、マフィアのボスであるプーパーに養子として引き取られ、育てられました。

ある時、プーパーたちは敵対するマフィアに逆恨みされます。その結果、プーパーの実の息子でバンコクの大学に通うスカイの命が狙われてしまう事態に。そこでプーパーは、サンにスカイの護衛を指示します。

スカイは世界中で200万人に1人という非常に珍しい「黄金の血」の持ち主のため、輸血ができない可能性が高く、怪我すらも命取りです。

実はサンもその「黄金の血」の持ち主。サンとスカイは、奇跡的な確率の2人なのでした。

 

そうしてサンはスカイのボディガードをすることになりますが、自立したいスカイは、サンと強制的に同居させられたうえ、行動を共にしなければならないことに不満が隠せません。

しかし、自分の命を捨てて彼を守ろうとするサンの姿を目にして、スカイは少しずつ心を開いていきます。さらに、家族や友達のぬくもりを知らないサンの孤独を癒したいと思うようになっていくのです。

 

一方でサンも、わがままだけど優しくて愛情深いスカイと共に過ごすうちに、彼に惹かれていき……。

 

タイドラマ『Golden Blood』は、2021年6月からタイの「チャネル3」で放送されたシリーズです。原題は『Golden Blood รักมันมหาศาล』。

ドラマ『ラブ・バイ・チャンス/Love By Chance』と『ラブ・バイ・チャンス2/A Chance To Love』でクラノーを演じたガンさんが主演を務めるということで、情報が公開されてすぐに日本でも注目を集めました!

 

全何話?

画像元
https://twitter.com/

 

タイドラマ『Golden Blood』は全8話です。短めなので、サクッと見やすいですね。

また、実は2時間ほどにまとめた映画版『Golden Blood: The Movie』もあります。時間がない方は映画版をチェックしてみるのもおすすめです。

ここで、オフィシャルティーザーをどうぞ!

 

ドキドキシーン盛りだくさんの同居生活が繰り広げられていきますよ!

 

キャストは?

 

画像元
https://twitter.com/

 

サン役:ターラー・ティパー(ボート)

 

サンを演じたのは、1996年1月9日生まれの俳優、ターラー・ティパー(ボート)さんです。2013年、17歳のころから俳優活動をスタートし、シットコム『My Melody 360 องศารัก』(2013年)などに出演しました。

2021年にはドラマ『Peesard Saen Kol』でも主演を務めています。

 

画像元
https://twitter.com/

 

スカイ役:ナパット・ナ・ラノーン(ガン)

 

スカイを演じたのは、1998年1月12日生まれの俳優、ナパット・ナ・ラノーン(ガン)さんです。2018年のドラマ『ラブ・バイ・チャンス/Love By Chance』で俳優デビューし、注目を集めました。

2019年にはドラマ『Until We Meet Again~運命の赤い糸~』にゲスト出演。また、ボーイズバンドグループ「TEMPT」のメンバーとしても活躍しています!

 

詳細はこちらからどうぞ!

関連記事

タイドラマ『ラブ・バイ・チャンス/Love By Chance』でテクノー役を演じた俳優のナパット・ナ・ラノーン(ガン)さん!そのほんわかしたキャラクターと笑顔に、心を奪われた方も多いのではないでしょうか?画像元http[…]

 

画像元
https://twitter.com/

 

ピット役:バンタウィット・トラクンパニット(スーガス)

 

スカイの先輩であるピットを演じたのは、1990年11月8日生まれのバンタウィット・トラクンパニット(スーガス)さん。

2009年にドラマ『Jaew Jai Rai Kub Khun Chai Taewada』で俳優デビューし、2017年にはドラマ『Sue Song Loak』で主演を務めています。

 

画像元
https://twitter.com/

 

バンク役:テチャパット・ピンラット(テーノン)

 

スカイの親友バンクを演じたのは、テチャパット・ピンラット(テーノン)さんです。

2020年に歌手としてデビューし、2021年に『Lovely Writer The Series』でドラマに初出演。『Golden Blood』のバンク役が彼にとって初めての主要キャストとなりました!

 

相関図は?

 

相関図はこちらをチェックしてください!

最終回やネタバレは?!

 

タイドラマ『Golden Blood』はハッピーエンドを迎えますので、安心して鑑賞してください!

 

ドラマの中盤からスカイはサンに直球でアタックしはじめますが、サンは立場をわきまえて、頑なに「好きだ」と認めようとしませんでした。

そんな中、サンが目を離した隙に、スカイが殺し屋に拉致されてしまいます。サンはスカイの親友のバンク&先輩のピッチと共にスカイを探し出しました。

 

そして、サンはスカイをかばって銃で撃たれてしまいます。

「黄金の血」の持ち主であるサンは輸血ができないため、命が危うい状態に。するとスカイは父プーパーから、サンの血液を溜めて保管してあることを聞かされます。

実はプーパーは、スカイにもしものことがあった時のためにサンの血液を保管していました。そもそもサンを養子として引き取ったのもそのためだったのです。

 

その事実を知ってショックを受けるスカイ。しかし、保管していた血液を使ってサンの命を助けることができました。

そして、それを機にサンとスカイが愛し合っていることがプーパーにバレてしまいます。

 

2人の関係を認めようとしないプーパーは、スカイに海外留学を命じました。「本物の愛だというなら証明してみろ」と……。

 

そして6年後。留学からタイへ戻ったスカイは変わらずサンを愛しており、サンもまだ自分を愛していると信じていました。そんな息子の姿を見た父は、ようやく2人の関係を認めます。

スカイとサンは再会を果たし、「これからはずっと一緒にいる」と誓って、キスを交わすのでした。

 

最後の最後までドキドキ&ハラハラがあり、楽しめる作品でした!

ちょっと笑ってしまうほどのイチャイチャシーンも多いので、好みがわかれるドラマかもしれません。しかし、ガンさんのファンや、コテコテのコメディも好きだという方にはおすすめです!

また、サブカップルのピット&バンクも可愛らしく、「サブカップルが好きだった!」という視聴者も多いですよ。

 

まとめ

 

ということで、タイドラマ『Golden Blood』について紹介しました!

 

裕福で朗らかなスカイと、孤独を抱える寡黙なサン。正反対ながらも非常に珍しい「黄金の血(Golden Blood)」で繋がった、運命的な2人の物語でした。

ドキドキシーンはもちろんですが、暖かくも切ないドラマやアクションシーンも見どころです。

 

気になった方はぜひ見てみてくださいね!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

関連記事

さて!2022年も引き続きタイドラマの放送予定についてのまとめをお送りしますよ!画像元https://www.amazon.co.jp/ ここ数年でタイドラマの知名度は飛躍的に上昇。ブームの波に[…]