En Of Love~TOSSARA~のあらすじやキャストは?相関図やネタバレも!


2020年から2021年にかけて放送されたタイドラマ『En Of Love~TOSSARA~』は、3つのラブストーリーを描いたオムニバス・ドラマ「En Of Love」シリーズの、最初の物語です!

画像元
https://twitter.com/

 

医学部1年生のガンと工学部3年生のバーを主人公に、6年越しの一途な片思いの行方を描く胸キュンストーリー!

そんなタイドラマ『En Of Love~TOSSARA~』のあらすじやキャスト、最終回のネタバレなどを詳しく紹介していきますよ!

 

En Of Love~TOSSARA~のあらすじは!?

画像元
https://twitter.com/

 

医学部1年生のガンは、校内で王子様的人気を誇る、みんなの注目の的。そんなガンがいつも見つめているのは、工学部の3年生で水泳部のバーでした。

 

あるきっかけから6年間バーに片思いし続けているガンは、ある日、偶然にもバーの“ギア”を拾います。

工学部にとってギアは命であり、工学部の証と言える存在。バーも大切にしていたのですが、落としてしまって途方にくれていたのでした。

「ギアを見つけてくれた人には何でもお礼をする」とバーがSNSに書き込んだ翌日、ガンがギアを持って現れます。そして、ギアを返す代わりに聞いて欲しいと提案したお願いは「先輩を口説く許可が欲しい」というもので……。

 

ある大学の工学部(Engineer)で繰り広げられるラブストーリーを描く「En Of Love」シリーズ。製作は、ドラマ『ラブ・バイ・チャンス / Love By Chance』や『Until We Meet Again ~運命の赤い糸~』を手がけた「Studio Wabi Sabi」です。

2020年3月よりYouTubeの公式チャンネルにアップされた『En Of Love~TOSSARA~』の本編は、全て150〜200万回以上再生され、大注目を集めました!

TOSSARA(トッサラ)とは、ガンの本名“Tossakan”と、バーの本名“Sarawut”を掛け合わせたものです。

 


全何話!?

画像元
https://twitter.com/

 

タイドラマ『En Of Love~TOSSARA~』は、全4話です。

「TOSSARA」の次が全4話の「Love Mechanics(ラブ・メカニクス)」、そして最後に全3話の「This Is Lovestory(ディス・イズ・ラブストーリー)」と続き、全部で11話という構成になっています。

3つのストーリーは、登場人物が友人同士だったり、片思いの相手だったりして、内容も少しずつ繋がっているんです。そのため、「TOSSARA」「Love Mechanics」「This Is Lovestory」の順番に続けて見ることをおすすめしますよ!

 


キャストは?

 

画像元
https://www.instagram.com/

 

ガン役:アーチャウィン・マイケル(ウィン)

 

医学部1年生の人気者ガンを演じるのは、1998年12月7日生まれのウィン(Win)さん。身長184〜185cmの長身と、タイ・中国・ヨーロッパの血を受け継いだ容姿が特徴です。

ウィンさんは『En Of Love~TOSSARA~』で俳優デビューし、「Love Mechanics」「This Is Lovestory」にもシリーズを通して出演しています。

 

画像元
https://twitter.com/

 

バー役:ティティパット・ジャンゲーオ(フォーク)

 

工学部3年生のバーを演じるのは、1999年12月8日生まれ、身長170cmのフォーク(Folk)さん。ウィンさんと同じく、「Love Mechanics」「This Is Lovestory」にも出演しています。

ウィンさんは本作出演前に2016年のドラマ『Views of Love: Grey Rainbow』に出演しており、また放送時期未定の新ドラマ『Art Adore En』に出演予定です。

 

画像元
https://www.instagram.com/

 

マーク役:ワナラット・ラッサミーラット(ウォー)

 

工学部1年生の水泳部で、バーに片思いをするマークを演じたのは、1994年6月23日生まれ、身長170cmのウォー(War)さん。2016年に映画『The Right Man – Because I Love You』の主演で俳優デビューし、2018年のドラマ『Transistor Love Story』などにも出演していました。

ウォーさん演じるマークは、「TOSSARA」に続く物語である「Love Mechanics」の主人公です!

 

画像元
https://twitter.com/

 

ウィー役:アーナン・ ウォン(イン)

 

工学部3年生でバーの友人のウィーを演じたのは、1998年10月1日生まれ、身長178cmのイン(Yin)さんです。

2020年の「En Of Love」シリーズで本格的に俳優デビューし、「Love Mechanics」ではウォーさんと主演を務めました。

ウォーさんと共に2021年のミニシリーズ『The Best Story』でも主演を務めています。

 


相関図は?!

画像元
https://www.c7-enoflove.com/

 

相関図は公式サイトからお借りしました。こちらをチェックしてください!

 

最終回ネタバレは?

画像元
https://twitter.com/

 

ドラマ『En Of Love~TOSSARA~』は、甘〜いハッピーエンドをむかえます!安心して視聴してくださいね。

 

学校イチのハンサム男・ガンに言い寄られ、最初こそ「俺は男だぞ」とクールに言っていたバーでしたが、すぐにガンのことが気になり始めます。ガンが友人と仲良さそうにしているのを見て、嫉妬してしまうほど。

そんな中、バーのことが好きな工学部の後輩・マークが露骨にアタックしてきます。

 

バーとガンが一緒にいるところへ来たマークに、「この人(ガン)と付き合ってるわけじゃないんでしょ?」と聞かれたバーは、「俺もこの人が好きなんだ」とはっきりと伝えるのでした。

その後、大学のスターコンテンスト(日本でいうミスターコンテスト)に出場していたガンは、「スターに選ばれたらもう一度想いを伝える」と決めていたのにもかかわらず、スターの座を逃してしまいます。

ステージ上でコメントしながら涙を流してしまったガン。バーはステージに上がって彼を抱きしめます。そうして、2人は大学公認のカップル「TOSSARA」になったのでした。

最終回は、そんな2人がただイチャイチャしている回です!(笑)

 

『En Of Love~TOSSARA~』の見どころは何と言っても、工学部のヘッドワーガーでもあるクールなバーが、案外すぐに絆されてしまうところでしょう。ツンデレなバーはとっても可愛いです。

医学部のガンは、紳士で優しくどこまでも一途なキャラクター。年下スパダリ(スーパーダーリン)ってやつですね!

 

まとめ

 

ということで、タイドラマ『En Of Love~TOSSARA~』について紹介しました!

 

全4話でサクサク話が進むので、忙しい方にもおすすめなドラマです。

 

大ヒットした『En Of Love』シリーズですが、なかでも人気を集めたエピソード「Love Mechanics」は、2022年6月から全10話のシリーズとしてリメイクされ、配信が始まっています!

気になった方はぜひチェックしてくださいね。

 

En Of Love~TOSSARA~はU-NEXTで配信中!

U-NEXT

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

関連記事

 今回は動画配信サービスについてです!特にタイドラマに特化した情報はまず見つかりませんので、当記事でまとめてみたいと思いますよ!2022年も昨年よりはるかに速いスピードで、新作タイドラマが続々と発表されてい[…]