新型コロナの問題が表面化してから、

WHOという機関ににわかに注目が集まっています。

渦中にいるのが、その事務局長である、テドロス・アダノム氏。

画像元
https://www.sankeibiz.jp/

 

一体どんな人物なのか・・・!?

 

 

テドロス・アダノムの経歴やプロフィールは?

 

まずは経歴から!

生年月日 1965年3月3日(55歳)
出生地 エチオピア帝国 エリトリア州アスマラ(現在のエリトリア)
出身校 アスマラ大学、London School of Hygiene & Tropical Medicine、ノッティンガム大学

 

出身地は現在のエリトリア。

エチオピアの東にある国です。

 

エリトリアの一流校である、大学を卒業し1986年に保健省に入省しています。

マラリア研究の第一人者で、やはり出身がアフリカということもあり、

アフリカの問題に強いんですね。

その後、エチオピアで、保健大臣、外務大臣を歴任。

2017年からWHOの事務局長になっています。

 

 

性格や人柄は?

 

世界で最も影響力のあるアフリカ人100人のうちの一人に選ばれている、テドロス氏。

しかし、以前も批判はあったようで、WHO選挙の直前の2017年5月、エチオピアで発生した可能性のある3つのコレラ流行(2006年、2009年、2011年)の隠蔽をしたのではないか?

という声があがっています。

つまり、軽く扱ったという事なんですね。

裏には政治的な理由があったようで・・・・

 

なんだか今回のケースと重なる部分もあるような気がします。

 

 

中国との関係は?

画像元
https://news.1242.com/

 

評判を見ると、やたらと中国寄りな意見のため、

それに異を唱える方が多いです。

ここまでみていくとその疑問が氷解することと思います。

 

つまり、アフリカと中国は蜜月状態にあるため、中国に忖度しているのでは?

ということでしょう。

テドロス氏が大臣を務めた、エチオピアには中国が大量の援助をしているからです。

ただ、テドロス氏の出身はエチオピアではなく、エリトリアです。

 

本当に忖度があるのかどうか?微妙なところですね。

ただ一ついえるのは、アフリカ問題には強い方という印象。

アジアの感染症のことについては不慣れ?という感想が沸いてきますね。

 

 

みんなの世論(感想や評判)

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、テドロス氏についてでした!

 

ネットでの評判は散々な事務局長。

アフリカの感染症などと比較して、流行病ではないということをいっているのかと思っていましたが、どうやら同じようなことは過去あったみたいですね。

それでもほかの人間にならないのは、人材がいないからかどうなのか。

 

それでは!