今回は、世界をにぎわせている武漢についてです!

画像元
https://www.zakzak.co.jp/

 

新型肺炎に揺れる武漢。

今やその猛威は武漢だけではなく、中国全土。

そして世界に波及しています!そんな折こんなニュースが入ってきました!

 

武漢市当局は23日午前10時(日本時間同午前11時)から武漢の空港や鉄道駅で武漢を離れる路線、さらに地下鉄やバスも運航停止すると発表した。当局は特別な理由がない場合、「市民は武漢を離れないように」と呼びかけた。

引用元
https://www.zakzak.co.jp/

 

なんと突然の武漢を離れる空港や鉄道が封鎖されたのです!

まるで漫画のようなことが実際起きているらしいんですね・・・武漢の今後はどうなるのでしょうか?

 

 

武漢とはどんな街?

画像元
https://www3.nhk.or.jp/

 

武漢の人口は1,000万人をこえています。

地理的には上の図になります。

上の図をみてもらえればわかる通り、武漢は中国平原のほぼ中心に位置しています。

平原というのがミソで、中国の西側はほぼ、山岳や砂漠の地帯になるので、

古来よりこの場所が中国の中心と言われているのは自明の通りです。

 

武漢をとれば、中国を取れる。

というのは中国の歴史が示す通りで、共産党と国民党が大衝突した場所になるんですね。

長江がすぐそばを流れ、武漢を抑えると中国平原のどこにでも出れるという地理的な妙があります。

 

今回はそんな中国の超重要な地域である武漢が新型ウイルスに抑えられてしまったのです。

よってウイルスは中国のどこにでも出れます。

そして、現代は人の移動も激しいですから、さらにその拡大は早いといわれているのです。

 

最新の報道によると、

武漢の感染者は6000人にものぼるといわれれています。

 

 

原因は?

画像元
https://www.afpbb.com/

 

原因はなんなのでしょうか?

 

報道では蛇が原因の可能性が高いといわれています。

中国特有の蛇であるアマガサヘビタイワンコブラが原因ではというんですね。

しかし、それらの蛇は別に武漢にしかいないわけではありません。

 

ちなみに、武漢の特産はザリガニです。

ザリガニを食べることが非常に有名な武漢。

中国でザリガニを食べるのは上海と武漢だけと言われているので、

蛇だけではなく、こういったのも感染源のひとつなのかもしれませんね。

 

 

封鎖はいつまで?今後は!?

 

さて、日本人も多いこの武漢。

 

閉鎖はいつまでなのでしょうか??

残念ながらそれはまだわかりません。

 

中国はトップダウンの国ですから、突然閉鎖、突然解除というのがありえる国です。

議論は行われません。

問答無用に行われます。

ほとぼりが冷めるまでしばらくは続くでしょう。

 

特に旧正月が明日より始まります。

この期間を問答無用で封鎖しないとたくさんの人間が外に出ることになります。

まさに、武漢人にとっては悪夢の旧正月となるわけです。

 

まとめ

 

ということで、武漢についてでした!

 

ワタシも過去何度かいったことのある武漢。

まさかあの町がこんなことになるなんて・・・

ANAは武漢の便を欠航決断。

 

まさにパンデミックといえそうです。

それでは!