プぺル(映画)はつまらない?面白くない?感想や評判を調査!

 

えんとつ町のプぺルの映画公開がスタートしましたね!

画像元
https://eiga.com/

 

キングコングの西野さんが原作の絵本を映画化。

かなり宣伝もされていますよね。

しかし、そのどれもが面白いというので多いような気が・・・

 

 

えんとつ町のプぺルのあらすじは!?

画像元
https://www.myliving.info/

 

まずは簡単にあらすじをおさらい!

 

崖に囲まれ、えんとつの煙で空が見えない「えんとつ町」。
配達屋が落とした心臓から誕生したゴミ人間。
少年ルビッチと出会い、「プペル」の名をもらう。
プペルが臭いとか汚いとかで周りの人間に嫌われ、二人の間もちょっと疎遠に。
しかし、プペルに誘われ、プペルが膨らませた大量の風船を壊れた漁船にくくりつけて、二人でけむりの上へ行き「星」を見る。

引用元
https://studio-webli.com/

 

という、星を見るというお話。

このお話は実は、西野さん自身の自叙伝となっており、挑戦する人のお話です。

そして、その挑戦を邪魔する人々も実際にモデルがいるのでは?と思われます。

 

特にご時世として、コロナ禍になってしまいましたから、

強制的に挑戦せざるを得ない人々は多いはず。

そんな人々の肩を押してくれるストーリーだというのですが?

 

 

 

つまらない?面白くない?

 

果たしてつまらないのか、面白くないのか。

感想などを見ていくとこの意見が多いですね。

 

レビューが信者感がするというもの。

なるほどなるほど。

 

あまりにも一部の人が盛り上がりすぎているというものですね。

 

対するワタシも、最近西野さんの露出が増えているので、

本やバラエティなどでたくさん見かけています。

それも映画を見せるための仕掛けだとはわかっているのですが・・・

うーん。

 

 

感想や評判を調査!

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、えんとつ町のプぺルについてでした!

 

あまりにも評判がいいと逆に・・・というのはよくあることです。

もう少しすれば評価も定まってきそうですが・・・

 

それでは!