驚くニュースが入ってきましたね。

みなさんの中にもされている方が多いのではないでしょうか?

画像元
https://www.xserver.ne.jp/

 

コンテンツ配信サービス「note」を運営するnote社は8月14日、記事投稿者のIPアドレスが第三者から確認できてしまう不具合があったとして謝罪した。漏えいした有名人のIPアドレスを、他サービスでの投稿に見られるIPアドレスと比較する者も現れている。

引用元
https://www.itmedia.co.jp/

 

なんと、有名人のIPアドレスもわかってしまったのでは・・・?

という不具合を起こしたというのです!

んーなぜこんなことに?

 

 

noteがipアドレス漏洩!

画像元
https://note.jp/

 

非常に右肩あがりにユーザー数を伸ばしている絶好調なコンテンツサービスである、note。

自分のブログを有料のような形で設定できるということもあり、

有名人も最近noteを始める方が多数います。

 

一時期は指原さんの書き込みと思われるip アドレスが発覚。

ネット上では騒然となりましたが「本人ではない」という声明を出すまでに至りました。

 

同社は14日午前10時40分にこの不具合を検知し、午前10時58分にnote全体へのアクセスを遮断。午前11時56分に修正対応を終え、サービスを再公開したとしている。

引用元
https://www.itmedia.co.jp/

 

現状はすでに再公開済みで、

少なくとも約1時間の情報漏洩があったのでは?ということです。

*ですが、これには裏があります。それはまとめで!

 

 

理由や原因は?

 

それでは、その理由は?

 

大きく分けると、攻撃なのか、設定ミスなのか、によるようです。

もし攻撃ならばそういった可能性があることを情報として公開しますから、

今回の件については設定ミスなのでは?

という推測が可能です。

 

ちなみに、今のところ、note側からは原因についての言及はありません。

「今回の不具合により、名誉毀損(きそん)などの被害をこうむったクリエイターに対しては、本人と連携して法的措置を含めてサポートする」

ということだけを言っていますね。

 

感想や評判は?

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、noteの不具合についてでした!

 

さらに調査していくと、どうやらnoteのソースコードにIPアドレスが書いてあることを誰かが発見したことによる騒動なようですね。

つまり、ずっと公開したままだったということ。

約1時間の間の解決ではないということです。

 

んーこれはnoteの信頼が揺らいでしまう出来事でした。

 

それでは!