今回は個人的に気になるニュースを取り上げます!

画像元
http://japan.cna.com.tw/

 

日本ではコロナの給付金ということで、10万円がくばられましたが、

台湾では振興三倍券なるものがあるというのです!

これは気になりますねぇ・・・外国人も対象?

 

 

台湾の振興三倍券とは何!?

画像元
http://jubei.blog28.fc2.com/

 

新型コロナウイルスの封じ込めに一定の成果を上げた台湾では、いかにしてコロナショックから経済を立て直すかが重大な課題となっている。振興券の発行で消費拡大を目指すとしていた行政院(=内閣)は2日、振興券を「振興三倍券」と名付けることを発表した。国民1人当たり1,000台湾元(約3,600日本円)を自己負担することで、その3倍となる3,000台湾元(約1万日本円)の消費ができるというもの。使用期間は7月15日から12月末までとなる。

引用元
https://jp.taiwantoday.tw/

 

なるほどなるほど、日本のように現金を配るのではなく、

1000元で購入すると3000元になるクーポン券ということなんですね。

なので、振興券の三倍だということ。

なんだか界王拳10倍だ!みたいなもの・・・苦笑

 

以下、情報をまとめてみました。

 

資格者:中華民国国籍を持つ国民と、在留資格(居留証)を持つ外国籍配偶者及び中国籍配偶者

使用期間:2020年7月15日から12月31日

発行方法:紙の「振興三倍券」、モバイル決済(台湾ペイ、LINEペイ、街口支付など)、交通系ICカード(悠遊カード、iPASS)、クレジットカード決済の4種類。

使用範囲:実店舗、飲食店、ナイトマーケット、伝統市場、商圏、芸能・文化イベント、宿泊施設、台湾高速鉄道、台湾鉄道など

 

 

外国人も対象なの?

 

なるほど、これで大体意味はわかりましたね。

 

問題は外国人はどうなのか、ということ。

答えは上記の資格者に書いていました。

 

在留資格(居留証)を持つ外国籍配偶者及び中国籍配偶者

 

ということなんですね。

つまり外国人は台湾人と結婚していて、在留資格があるならOKということです。

 

留学生や台湾で就労している外国人などは対象外ということに・・・

 

んー残念。

 

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、台湾の振興券についてでした!

 

まだ受け取りは始まってないようですが、紙の振興券であれば郵便局。

電子マネーなどであれば、ウェブ上で申請可能とのこと。

 

この記事を読む方は多くは日本人だとは思いますが・・・

対象になっている方、もう間もなくです!

 

それでは!