今回は、持続化給付金の流れで・・・

北海道が独自に給付する、経営持続化臨時特別支援金についてです!

画像元
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/

 

紆余曲折あり、持続化給付金が申請できたことは先に書きましたが・・・

それに加え、北海道の上乗せ支援金があることが発覚!

 

その申請をした話を書きたいと思いますよ!

ネットで見ると、情報が少なすぎです・・・

 

 

経営持続化臨時特別支援金とは!?

画像元
https://mainichi.jp/

 

それでは、どんな支援金なのかを見てみましょう。

 

道では、道民と道内の事業者が互いに連携して「新北海道スタイル」を構築し、
従来の行動スタイルを変え、新しい行動様式を徹底していくことにより、
新型コロナウイルス感染症に強い社会をつくっていくことを目指しており、
この「新北海道スタイル」の実践と休業等の要請にご協力いただいた事業者に対し、
支援金を支給することとしました。

引用元
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/

 

支援金にはAとBがあり、Aは休業要請にこたえた事業者。

Bはそれ以外の事業者になります。

また、基本的には国の持続化給付金の給付を受けた事業者が対象になります。

 

最初はわからなかったのですが、

サイトを読み解いていくと、Aが10万円、Bが5万円と記載があります。

しかし、札幌市のサイトを見てみると、Bの場合は5万円札幌市が上乗せするようです。

 

つまりどちらも10万円の支給。

んーわかりにくい。

 

 

新北海道スタイルの取組が確認できるものとは?

 

ここが大変でした。

 

国の給付金と違い、新北海道スタイルの取り組みが確認できるものを添付しなければなりません。

新北海道スタイルは下記になります。

新北海道スタイル安心宣言について。事業者の皆さまに取り組んでいただきたい7つのポイントをご紹介します。ひとつ、スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組みましょう。ふたつ、スタッフの健康管理を徹底しましょう。みっつ、施設内の定期的な換気を行いましょう。よっつ、設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を行いましょう。いつつ、人と人との接触機会を減らすことに取り組みましょう。むっつ、お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけましょう。ななつ、お店の取組をお客様に積極的にお知らせしましょう。

画像元
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/

 

つまり事業者として、今回のコロナに対する取り組みをしているかどうかですね。

 

想定しているのは店舗を持つ、事業者。

消毒アルコール設置や、ソーシャルディスタンスの心がけなどの写真をはればいいようですが、

私はライター業。

 

実態店舗を持っていないのは証明が難しい・・・

ということで、私は新北海道スタイルについてというテーマで、ブログ記事を更新しました。

そしてそれを証明に。

 

通るかどうかはわかりませんが、通ったら、ご報告します苦笑

 

追記(7/17):無事に通りました!

その詳細情報は下記、リンク記事に追記しております。

 

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、新北海道スタイルへの取り組みについてでした!

 

実店舗があればいいですが、ないとなると、

私のようにクリエイトする必要がありますね~

 

ツイッターのようにビラを作成したという人もいましたし・・・

続報が必要ですね。

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!