キングダムの映画実写化がされましたね!

当サイトでも以前キングダムを取り上げましたが(リンクは記事下部にて)、

かなりみなさんに読まれていて、その注目度が高いことがわかります。

画像元
https://www.cinemacafe.net/

 

19日から公開されましたが、ワタシも昨日見に行きました!

ワタシが個人的に気になったのは、ラスボスの存在でした・・・

 

 

キングダム映画が原作のどこまで?

画像元
https://ciatr.jp/

 

まず原作のファンとして気になったのは原作のどこまでをやるのだろう?ということでした。

ネタバレにはなりますが、結論としては、

原作の第5巻まででした。

つまり弟である、成キョウから王宮を奪還するまででしたね。

 

原作は現在のところ、53巻まで出ています。

つまり原作の十分の一も進んでいないということ。

 

もう少し進み、ある程度の形にすると思っていましたが、

まったくもって最初の最初で終わってしまったという印象です。

 

これじゃあまるで続編を作る気満々では・・・苦笑

なるほど、これでキョウカイが出演していないわけもわかりましたね。

(キョウカイが登場するのはその後)

 

 

ラスボス左慈(さじ)役は誰?

画像元
https://55kengo.com/

 

そして、ラスボスは左慈(さじ)です。

・・・・はて、誰でしょう笑

 

全く覚えていないキャラですが、原作では元将軍として登場していたんですね。

それが実写映画では、成キョウの用心棒のような形で登場して、

ラスボスになります。

 

そしてかなり役者さんがかっこよかったです。

誰なのかと調査したところ、坂口拓さんという方でした。

 

主にアクション俳優として活躍し、「里見八犬伝」のアクション監督もされていました。

映画「あずみ」にも出演していますね。

確かに、身のこなしは迫力抜群でした。

 

 

感想は!?

 

ということで、映画を観た感想。

 

俳優の印象ですが、信は少しイケメンすぎかな、と。

まぁ少年漫画にありがちな役なので、誰にでもきるような気がします。

 

意外だったのが、政を演じる吉沢亮さんの好演。

こちらもただのイケメンかなと思いきや、後半本当に政に見えてきました。

表情とかも。かなりよかったと思います。

 

そして、王騎、よかったですねぇー

さすが大沢たかおさん。

 

配役を聞いたときは、ミスマッチかと思いましたが、王騎の変態性を見事に演じていました。

といっても今回の話ではメインではなかったので、早く王騎がメインの話をみたいです。

 

続編・・・つくられるのではないでしょうか。

漫画原作の実写化では最近は「るろうに剣心」がよかったですが、キングダムも負けず劣らずでした。

 

作品全体も、

ロケ地が中国ということがあり、咸陽の王宮の迫力はすごかったです。

調べると、浙江省の映画村で撮影されていたようですね。

 

ということで、個人的には大満足!

日テレさんはいいコンテンツをゲットしました笑

 

みんなの世論(口コミや評判)

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、映画キングダムについてでした!

 

橋本環奈さんと長澤まさみさんのこともかなり言われてましたね。

たしかに二人とも白すぎです苦笑

 

しかし山の民のクレイジーさもよかった・・・

続編期待してますよ!

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!