緊急事態宣言が出た本日。

何かを暗示するように、空ではスーパームーンが見れるというのです!

画像元
https://news.headlines.auone.jp/

 

何とかムーンが多くなっている昨今。

スーパームーンはシンプルな呼び名でいいです。

 

しかし、この満月の日には色々な身体の変化もあるようで!?

 

 

スーパームーンとは何!?

画像元
https://dot.asahi.com/

 

まずは、スーパームーンとは何なのか!?

 

月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは新月の形になった月の姿、またはその現象をスーパームーンという。

引用元
https://kotobank.jp/

 

つまり、満月であるというのが絶対条件で、月が大きく見える。

これがスーパームーン。

 

またいつもより15%大きく見えるなら、それはスーパームーンという説明もありましたね。

地球に月がかなり接近しているということなのです!

 

 

スーパームーンの日は出産が多くなる?

 

さて、本題。

 

スーパームーンを調べていくと、出産が多いのでは?

といわれているようなんですね!?

 

そんなことあるんでしょうか?

 

「新月・満月、満潮や低気圧(台風の日)にお産の件数が増える」

というのは助産婦さんの証言だそうで・・・

調べると、2016年や昨年の2019年にも多くの証言が見られるんですね。

 

人間の身体の80%は水分です。

いわゆる水風船のようなもの。

月の引力で海は潮の満ち引きをします。

妊婦さんは羊水がありますから、さらに水分が多いはず。

 

月の引力によって赤ちゃんを産み落とす・・・

ロマンティックじゃないですか・・・

 

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、スーパームーンと出産についてでした!

 

ほんとにほんとに・・・出産が多いようです!

ツイッターを見ると、今まさに陣痛が!などのものも散見され。

月の効果は偉大ですね・・・

 

それでは!